SONY VAIO Zのビジネスモデルを購入しました。
2012年の6月に出た新型です。
従来品と比べIvy搭載、Wi-Fiスイッチ非搭載など改良が加えられています。

IMG_0708

SONY VAIO Zシリーズ SVZ1311AJ シルバー (シルバー)


写真・レビューは以下から


このような箱に入っています。
SONY VAIO Z

IMG_0704


保証書とクイックスタートガイド
IMG_0705

内容物
ACアダプター2つ。大容量のものはPower media dockをつなぐときに必須です。
Power MediaDockは何故か薬品でも入ってるんじゃないかという物々しい袋に張っています。
あとドック用の縦置きスタンド。
IMG_0706


アイドル時の消費電力。12.4ワットです。
IMG_0715



BIOS画面をスキップするよう設定することで、Windowsが起動しデスクトップが表示されるまで13秒と非常に拘束に起動します。
SSDも256GBをお手頃な値段で選べますので、気になりません。
メモリが増設出来ないのを知らずに4GBを購入してしまいましたが、VisualStudioやSQL Serverを使用したコーディング・デバッグ作業では4GBで不満を感じることは特にありません。


標準でカメラが付いてないので選択する必要があります。

Dドライブを作りたかったのですが、既にリカバリ用や休止用パーティションなどで4つのパーティションにわかれていました。そのためリカバリディスクを作成してリカバリ用パーティションを削除しました。
Cドライブを100GBと100GBぐらいに分割してDドライブを作成しましたが、元々あったリカバリ用のエリアが未使用状態に。。。これどうすればいいんでしょうか。


と思ったらリカバリディスクのオプションにリカバリエリアを削除するオプションがありました。
良かった。



天板。

DSC04860


右サイドLANコネクタはディスプレイを閉じたままではキャップが干渉しますが、ディスプレイを開くと下に隙間ができるためLANケーブルが綺麗に入ります。
閉じた状態でもなかかなの薄さです。

DSC04862


左側には排熱とD-SUB。
結構熱くなりますけど音はほとんどしません。
DSC04864


裏側。
DSC04711


SONYのロゴ
DSC04712
DSC04865


キーボードはあまり押し込めません。これは慣れが必要かと。そのぶんPCが薄いんですが。
Core i7とWindowsのロゴはここに。
DSC04866

2種類のACアダプター
小さい方にはVAIOのロゴがあります。
DSC04852


Power Media Dock
DSC04838

BlogPaint



HDMIなどで繋げばフルHDの4画面出力が可能です。
やってみました。Youtubeには4画面でMicrosoft Flight Simlator Xを実行した動画が上がっています。
PMDを使えばゲームも軽々動くようです。
DSC04812

Bluetoothも標準でついてるので、Bluetoothマウスを使ってます。

DSC04857



出張などに使いましたが、軽くて薄く持ち運びに非常に便利です。
起動も早いのでビジネスマンには最適ではないでしょうか





ノートパソコン用ケースはこれを使っています。取っ手付きインナーバッグ BM-IB016BK 12.1インチワイド~14.1インチサイズ対応。
VAIO Zは横に長いので13.3インチ用のキャリングケースでは入らないので注意。