日本航空が飛行機搭乗時に小さなお子様に配るボーイング787の簡易的なプラモデルです。
大人ですがもらいました。

DSC06086

サイズは結構小さめです
DSC06061


説明書はありませんので組立図は箱の裏に書いてあります
DSC06065

中身
DSC06067

パーツはこれだけ。あとシールと台座です。
DSC06069

まず図を参考にシールを張ります。
水につけてから貼るタイプのものではなく普通のシールです。
DSC06070

主翼にレジ番JA822J、尾翼にJALの鶴丸ロゴも貼ります。
DSC06071

組み立て開始。穴にさすだけなので簡単です。
水平尾翼を貫通させてから垂直尾翼を刺します。
DSC06073

台座も組立
DSC06072

できました。
DSC06075

DSC06080

DSC06081

DSC06085



このプラモ、普段は子供を対象に配布しているので、なかなかくださいとは言いづらかったんですが・・・
今回羽田空港から小松空港への最終便JAL1285便に搭乗予定でした。
が、出発時刻になっても搭乗開始の準備をするわけでもなく、何やらカウンターが慌しい様子。
IMG_1509

なんと、機長が出発前に行う機体の点検中に雨で転んでしまい骨折してしまったとのこと。
機長の怪我により出発できるか不明というアナウンスがあり、グランドスタッフが対応に追われていました。
JALは代わりのパイロットをすぐに探しているようでしたが、規定で1日にフライトできる時間も決まっていますし、767-300のパイロットは、767-300しか操縦できませんからそう簡単ではなかったようです。
また小松空港も午後9時半で閉鎖されるため、時間を延長できるか国土交通省に問い合わせも行う必要があるようです。

警察も調べに来てました。地上に降りて転んだ箇所を調べてました。
IMG_1518

天候不良などではホテル代などは出ないことがありますが、今回は完全にJALの責任なので、ホテル代はJALが負担してくれます。

そんな中CAが機体から出てきて、待っている乗客に対する説明や、子供にこのプラモデルを配ってました。
いい機会なので子供じゃないんですけど、私ももらっておきました。


その後すぐにパイロットも見つかり、空港延長もできたらしく、結局1時間遅れで飛行機は離陸。
次の日予定なかったんで、せっかくだしホテル泊まりたかったなー